La Festa Mille Miglia 2019

大会レポート

【大会レポート2日目】2019年10月26日

地域との触れ合いが、車も人も元気にする

晴れてくれ、と祈るような気持ちで迎えた2日目。早朝、ほんの少し小雨が降ってはいるものの、どんよりと曇った空からは、前日のような雨は降ってはいない。裏磐梯の寒い朝に、出発前のエンジン音が鳴り響いている。防寒・防水対策をしっかりと行ったエントラントたちは、午前7時にホテルを出発した。

この日は福島県・宮城県・山形県の温泉街や役場、地域の施設やサーキット、飛行場、そしてお城や神社を巡り、再び福島県へ戻るルートが用意されていた。日中は雨が止んでいたこともあり、各ポイントには地元の方たちがたくさん足を運んでくれて、あたたかい声援を送ってくれた。

各ポイントへ向かうルート上でも、多くの人たちの姿を目にした。エントラントたちが通過するのをずっと待っていてくれて、フラッグや手を振って応援してくれるその姿に、何度も励まされた。家の前に椅子を出して待っている人や、小さな子どもと一緒に待っている人、車好きの仲間たちと待っている人など、笑顔で迎えてくれるその姿は、わたしたちの心を打つ。

また、この時期ならではの東北の景色も、胸に迫るものがあった。磐梯山や安達太良山は紅葉に染まり、色とりどりの表情を見せている。鮮やかに燃える山々は、日本の原風景と相まって、静かに美しく佇んでいた。ワインディングから眺めるその景色は、わたしたちの心を奪っていった。

日中は晴れ間も見えたが、午後には再び冷たい雨が降り出し、この日もハードな1日となった。それでも、地元の方たちからたくさんの声援をもらって、多くのエントラントたちが最後まで走り切ることができた。リタイアとなってしまった車も少なく、東北の方たちとの触れ合いや交流が、車とエントラントを元気にしているのかもしれない、そう感じた1日だった。

3日目は、裏磐梯を出発し、栃木県を経由して成田まで、約490kmもの距離を走る。ロングドライブとなるため、エントラントたちは今日のうちに車の調子を細かく確認し、明日に備えていた。出発も午前6時30分と早く、長い1日になりそうだ。東北を走るのは明日までとなるが、元気をお返しできるよう、最後まで笑顔で走り切りたい。

Historic Car Japan  岩本 美香)
ふくしまスカイパークでPC競技に挑む ALFA ROMEO GIULIETTA SPIDER
ふくしまスカイパークでPC競技に挑む ALFA ROMEO GIULIETTA SPIDER
中津川レストハウスでPC競技に臨む BUGATTI T35B
中津川レストハウスでPC競技に臨む BUGATTI T35B
高畠町文化ホールでたくさんの人に見送られる FERRARI 195S
高畠町文化ホールでたくさんの人に見送られる FERRARI 195S
喜多の郷での結果公開形式のPC競技で、計測ラインを目視する STANGUELLINI 1100 SPORT BIALBERO
喜多の郷での結果公開形式のPC競技で、計測ラインを目視する STANGUELLINI 1100 SPORT BIALBERO
裏磐梯レイクリゾートでこの日最後のスタンプを受ける MERCEDES BENZ 300SL
裏磐梯レイクリゾートでこの日最後のスタンプを受ける MERCEDES BENZ 300SL
  • 一覧はこちら