La Festa Mille Miglia 2017

大会レポート

【大会レポート3日目】2017年10月15日

勝負の行方が気になる雨の中の後半戦

後半戦に突入した3日目も、予報では雨。出発時にはまだ降り出していなかった雨が、この日最初のスタンプポイントとなる駒場公園に到着する頃には、ポツポツと会場を濡らし始めていた。

朝7時に浅間プリンスホテルを出発した一行は、長野県の県道上でPC競技をこなし、駒場公園へ。早い時間にもかかわらず、会場には応援の人たちの姿が多く見られた。1号車が到着すると、地元の学生によるブラスバンドの演奏とチアダンスが始まり、会場は一気に華やかな雰囲気に。エントラントたちは笑顔でスタンプシートを受け取ると、その後同じ会場内に用意されていた結果公開形式のPC競技に臨んだ。

駒場公園を出ると、すぐ隣にある浅間佐久自動車学校で続けて競技が行われ、自動車教習用のコース全面にレイアウトされた連続設定の競技に、エントラントたちは果敢に挑んでいた。2日目までに成績が振るわなかったエントラントは逆転を狙い、また2日目まで好成績をキープしているエントラントはそのまま逃げ切りたいという、様々な思惑が交錯するのが後半戦だ。エントラントたちは朝食や夕食の場で、お互いに心理戦を繰り広げることも楽しんでいるようだ。

後半戦になると、人にも車にも疲れが見え始めてくる。今年は特に雨が続いているため、いつになくハードだ。まずは無事に完走することを第一に、3日目のゴールとなる箱根を目指す。八ヶ岳と富士山を越えるルートは、色づき始めた山々の風景が美しいワインディングロードで、300km以上を走るロングドライブとなったが、エントラントを最後まで飽きさせることはなかった。

この日も各ポイントには、雨の中多くの人たちが応援に駆けつけてくれ、また沿道からもたくさんの声援が送られた。その姿や声は、エントラントたちの胸を熱くする。この天気や車輌のトラブルで心が折れそうになるときも、各地での地元の人たちとの出会いが、エントラントたちをとても勇気づけ、元気にしてくれる。

3日目は17ものPC競技が予定されていたが、雨のため7つの競技が中止に。この日に逆転を狙っていたエントラントにとっては、いささが厳しい条件となった。12のPC競技が予定されている明日へ向けて、みな気持ちを切り替えていた。

最終日は、神奈川県の箱根町からゴールとなる原宿の明治神宮を目指し、約250kmの道のりを走る。山から海へ、そして東京へ。あと1日、無事に走りきれるよう、メカニックたちはこの日も遅くまで作業を続けていた。

いよいよ最終日を迎える4日目。果たして勝利の栄光はどのチームに輝くのか。

Historic Car Japan 岩本 美香)
駒場公園での公開PC競技に挑む TRIUMPH TR2
駒場公園での公開PC競技に挑む TRIUMPH TR2
駒場公園でスタンプをもらう BUGATTI T35B
駒場公園でスタンプをもらう BUGATTI T35B
富士見高原リゾートを出発し霧の中を走る ALFA ROMEO GIULIETTA SPIDER
富士見高原リゾートを出発し霧の中を走る ALFA ROMEO GIULIETTA SPIDER
富士ミルクランドでミス富士山からスタンプをもらう BUGATTI T13 BRESCIA
富士ミルクランドでミス富士山からスタンプをもらう BUGATTI T13 BRESCIA
雨の中、富士ミルクランドにもたくさんの人が応援に
雨の中、富士ミルクランドにもたくさんの人が応援に
  • 一覧はこちら